SMART CITY

あなたの暮らしを地球にやさしく最適に

「スマートグリッド」が、オバマ大統領のグリーンニューディール政策によって多くの人々に認識されるようになりました。環境省は、2030年までにスマートグリッドの普及率を100%にする目標を掲げており、人々の関心も多く集められています。

スマートシティとは

ITや環境技術などの先端技術を駆使し、街全体の電力の有効利用を図ることで、省資源化を徹底した環境配慮型都市です。

 

再エネの効率的な利用を可能にするスマートグリッドや、電気自動車、蓄電池や省エネ家電など、都市システムを総合的に組み合わせることで、環境負荷を抑えた街が実現します。

 

『スマートハウス』『スマートコミュニティ』の形成によって、都市部への送電が可能となり、過剰分のエネルギーを最大限利用できる社会が『スマートシティ』です。

都市が環境に優しくなると、自然環境の向上だけでなく、エネルギー効率化の促進で省エネルギー化に繋がります。

 

再エネ・太陽光発電システムを通して『スマートハウス』・『スマートコミュニティ』・『スマートシティ』を実現し、環境負荷を抑え、質が高く、成長し続ける新しい都市を追求します。

 

「エネルギーのプロ」としてクリーンエネルギーの最大かつ有効活用を実現し、地域社会のエネルギー問題、環境問題に積極的に取り組みます。

なぜ今スマートシティなのか

これまでは化石、原子力といった有限資源を使用したメガインフラが中心となり、街や工場などの需要側に流す送配電システムが主でした。

 

しかし、これからは需要側でもエネルギーの取り込み・活用を行い、メガインフラと双方向で管理する「電力の新しい系統制御」が行われます。

 

ITなどの最先端技術で送電の効率化を図り、環境に優しいエネルギーの比率が今よりも増やせるようになります。

この背景には、石油埋蔵量等の問題があります。
世界人口の約4分の1が、電気のない環境にあるといわれていますが、もし全ての人が電気を利用すれば、発電のための資源は枯渇してしまいます。

 

このように、有限資源には限界があります。
太陽光発電システム等を活用し、自家発電、自家消費が当たり前の社会は、私たちが未来を守る上で必要不可欠です。

 

全ての住宅がスマートで、100%クリーンエネルギーを利用し、電力を「つかう」から「つくり」・「蓄え」・「賢く使う」へ…私たちの考える遠くない未来の姿です。

スマートシティ形成のための要素

スマートグリッド

電力の流れを供給側・需要側の両方から制御し、最適化できる送電網。電気を効率的かつ安定して流すためには、必須の存在です。

スマートハウス

太陽光発電システムや蓄電池、住宅機器などのエネルギー消費を情報技術で制御し、CO2排出の削減を実現する省エネ住宅のこと。

スマートコミュニティ

エネルギーを地域単位で統合的に管理。スマートグリッド基盤のネットワークに接続し、環境負荷が少ない暮らしを実現する。

スマートシティ 3つのキーワード

IT(情報技術)

スマートシティの実現に必要不可欠なITをはじめとする最先端技術は、日々様々な取り組みがなされています。

電力

電力の有効利用では、スマートグリッドが不可欠です。環境にやさしいインフラの整備が促進されます。

都市

環境に配慮した商品を組み合わせ、環境にやさしい都市の実現が、スマートシティのメインテーマです。