再生可能エネルギー販売事業

未来のため
エネルギーの時給自足へ

太陽光や風力、地熱、バイオマス燃料など、地球資源の一部が源となる「再生可能エネルギー」。
主に使用されてきた石油や石炭、天然ガスなどの「化石エネルギー」とは違い、どこにでも存在し、枯渇することなく、Co2の排出をしないので、温暖化解決への重要な資源であると言えます。

再生可能エネルギーのメリット

エネルギー源が枯渇しない

再エネの資源は、太陽や水、風、地熱など自然界にあるものなので、枯渇の心配がなく、永久的に使えるのです。

再エネ電力の長期安定調達

化石燃料の8割を輸入する日本にとって、自然の力で電力を補える再エネは、エネルギー時給率の向上にも期待ができます。

Co2を排出しない

資源に備わる性質を利用してエネルギーをつくるため、化石燃料とは異なり、温室効果ガスが発生しません。 

どこでも調達可能

条件はありますが、基本はどこにでもある自然のエネルギーを使用するため、場所を選ばないエネルギー調達が可能です。

再生可能エネルギーの種類

太陽光発電

太陽光をエネルギーにします。「太陽電池」をつなげ、ソーラーパネルを設置し、発電します。

地熱発電

地下にあるマグマのエネルギーを使用し、蒸気の力ででタービンを回すことで、発電します。

風力発電

風の力で風車の羽を回転させ、モーターの動力を電気エネルギーに変換することで、発電します。

水力発電

水の勢いを利用して、水車やタービンを動かし、この力を電気エネルギーに変換することで、発電します。

バイオマス発電

生物資源や生ゴミなどの廃棄物を、燃焼・ガス化することで生じるエネルギーを利用して、発電します。

私たちの取り組み

私たちは持続可能な社会の実現と再生可能エネルギー電力の普及のため、そしてクリーンなエネルギーの地産地消を目指して、100%再生可能エネルギーの電力供給を行っています。

SDGs達成への貢献

ひとりひとりの活動が、持続可能な社会の実現に寄与します。使っている電気を再生可能エネルギー由来のものに変更するだけで、SDGs活動に参加することができ、皆さまができる環境への取り組みへの第一歩となります。

エネルギーをみんなに
そしてクリーンに

クリーンなエネルギーを安定的に供給できるプランをみなさまに提供します。

住み続けられる
まちづくりを

地域で発電された電気を、その地域で消費し、電気料金の一部を地域のために還元します。

気候変動に
具体的な対策を

再生可能エネルギー由来の電気の切り替えが、脱炭素社会の実現に大きく貢献します。